会社の将来

会社清算は会社を解散するときに経済面と法律面両方において整理をすることを指す言葉で、会社をたたむ際には必要な手続きとなります。会社の解散には自主廃業と倒産の両方を含みます。会社清算を行う際には登記上の手続きとして解散することを登記上に明確に記す必要があるほか会社清算が完了した場合も登記上に記録しておく必要があります。また、税務上の手続きとして企業として活動を行った最後の年度においての確定申告をする必要があるほか清算確定申告もしておくことが義務とされています。なおそれを逃れる方法としては会社を休眠させる方法があります。 会社清算自体の歴史は戦後期に主に現在のような形が整ったとされています。衰退していく企業が様々な理由で会社清算を行うという場合が多いです。

現在、日本国内においては安倍内閣が推進するアベノミクスによって経済的には少しづつ持ち直している状態が続いていますが、会社を倒産や自主廃業などの理由で解散させる傾向はあまり減らずに続いていることがいえます。理由としては事業を継ぐ後継者がいないなどの理由で黒字で推移していても会社を維持できないといった課題があり、会社清算を行う企業があります。また、会社競争によって衰退してしまった企業も少なからず存在しています。 今後は日経平均株価などが上がることが見込まれていますので景気については回復傾向があるともいわれています。しかし地方については人口流出などにより後継者不足などの問題があり会社清算を行う企業の数は一定数出てくると想定されています。 地方においては地場産業をどう維持及び発展していくか、または後継者不足の解消などが今後の大きな課題となっています。また都心部においても東京オリンピック後の景気については不透明感があり、会社清算を行う企業がこれからも出てくることが予測されています。